お洒落レディのためのネイルメモ

30

Nail memo

爪を作りあげている成分ケラチン

爪は、手や足の指を守るために皮膚が進化してできたものです。歯や骨のように硬いものですが、これらとはまるで違いますし、カルシウムを主成分として作られているわけでもありません。

皮膚は、タンパク質が角質化したものであるケラチン、という物質でできています。ケラチンには、硬ケラチンと軟ケラチンの二種類があります。このふたつの違いは、硫黄を含むシスチンというアミノ酸が、どのていどケラチンに含まれているかということになります。皮膚は軟ケラチンで作られていて、髪は硬ケラチンで作られています。爪はどうかというと、硬ケラチンと軟ケラチンの両方で作られています。そのため爪は、皮膚と髪の中間の性質を持っているといえるでしょう。

爪の成分としては、炭素が半分ほどで、酸素と、窒素が2割ずつほどを占めています。ほかに水素や脂質、ミネラルがふくまれています。

爪は髪と近い物質であるため、髪に良い栄養素は爪にも良いといえます。ケラチンはタンパク質が変化したものですので、タンパク質を取ることは重要です。とくにコラーゲンが有効だとされています。また、ビタミンA、B、C、D、Eなど各種のビタミンも必要です。さらにカルシウム、鉄分、マグネシウムなどのミネラルも重要な成分となっています。